Question
歯周病の原因は何?

Answer
歯周病の原因は細菌です。歯垢1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、虫歯や歯周病をひき起こします。この歯垢の中の細菌が歯肉に炎症をひき起こしやがては歯を支えている骨を溶かすことになります。この他、歯周病を進行させる要因として 1.歯ぎしり、くいしばり、かみしめ 2.不適合な冠や義歯 3.食習慣 4.喫煙 5.ストレス 6.全身疾患(糖尿病など)7.薬の長期服用 などが挙げられます。

Question
歯周病って治るの?

Answer
歯周病は予防もでき治療も可能な病気です。治すには、歯周病の原因となる歯垢を増やさないことが基本になります。そのためには 1.正しいブラシの方法で歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておくこと 2.歯肉の中まで入っている歯石を完全に取り除くとともに 根の表面を滑らかにして炎症をひき起こす細菌を徹底的に除去すること 3.傷んだ歯肉、骨を治療して健康に近い歯肉にすること 4.健康の保持のため歯科衛生士による専門的なクリーニングなどのメインテナンスを定期的に受けること が挙げられます。

Question
虫歯の原因は何?

Answer
虫歯のなりやすさ(カリエスリスク)を決定する要因としては 1.口の中の虫歯原因菌の数、種類 2.歯の質、形状 3.唾液の質、量 4.生活習慣(甘いものの量、歯みがき習慣の有無など) が挙げられます。これらが複合的にからみ合って虫歯になるわけです。

Question
親知らずは抜かないといけないの?

Answer
症状(歯肉の腫れ、痛み)などがなければ必ずしも抜かないといけないということはありませんが、歯みがきしにくいところでもあるので手前の歯との間を虫歯にしてしまったりとか 汚れが慢性的にたまることによって歯と歯の間の歯を支える骨を悪くしてしまったりとか、歯並びを悪くする原因にもなりますので 「歯みがきしやすい環境」をととのえるには、何かトラブルがおこる前に抜いた方がいいかもしれません。ただし、ブリッジの土台としてや義歯の金具をかける歯または歯の移植に使うなど状況によっては残すメリットがある場合もあります。

Question
歯がなくなってしまったところはそのままでいいの?

Answer
歯がなくなってしまった場所にもよりますが、そのまま放っておくとお口の調和がくずれ長い時間かけて思わぬトラブルをまねくことがあります。お口の調和を保つ意味でも何かでなくなってしまった歯の部分は補った方がいいかも知れません。

Question
インプラントってどれぐらいもつの?

Answer
インプラント(人工歯根)はなくしてしまった歯を補うのにたいへん有効な治療方法です。治療がはじまって何十年もたつのである程度確立された治療といえます。ただし人工のものとはいえ歯周病になってしまうためお口の環境が悪いと長期に維持することはできません。術後のケアーが大切になってきます。

Question
矯正はいつからはじめればいいの?

Answer
矯正相談適正時期としては、年齢でいえば7.8歳頃 萌出状態でいえば6歳臼歯がはえていて上下顎前歯4本が大人の歯になる頃です。遅くなってしまうと成長発育のコントロール(顎の成長のコントロール)が難しくなるため、歯列を整えるスペースの確保ができなければ抜歯の確立が上がったりする場合があります。そのため早めに相談をうけることが望まれます。

Question
マイクロスコープって何?

Answer
顕微鏡治療は、肉眼では治療が難しいところを治療するのに大変有用な器具です。例えば普段は手探りで行う根に治療には有効です。なかなか治らない根の治療や偶発的に起きた器具のハセツ片除去など、場合によっては抜歯になるような歯も原因をとり除くことができれば残すことができるかも知れません。他、外科的歯内療法(外科的に根の先の病巣をとる治療)や歯周外科にも高倍率で術野を観察して処置をおこなうことが可能になるので様々な利点があります。

 
(C) 2006 Sakurashikaiin. All rights reserved.